500年の時空に6つの物語が重奏するクラウド アトラス公開中

いま、<人生の謎>が解けようとしている。

映画『クラウド アトラス』公式サイト

ポスター

2004年に発表されたデイヴィッド・ミッチェルのSF小説『クラウド・アトラス』が原作。
マトリックスのウォシャウスキー姉弟とトム・ティクヴァ」のタッグ。

19世紀から24世紀の文明崩壊後までの異なる時代に舞台を置いた6つの物語。
キャストは一人につき複数の人物を演じ、各エピソードにより主役が脇役を演じ脇役が主役を演じるという、複雑な手法が取られる。
過去現在未来に輪廻転生する彗星型の痣(あざ)がある人物。

「アダム・ユーイングの太平洋航海記」
1892年。奴隷船の公証人。胸に彗星型の痣がある。
「セデルゲムからの手紙」
1931年。作曲家志望の青年が『クラウド アトラス六重奏』を生み出す。背骨の辺りに彗星型の痣がある。
「半減記 ルイサ・レイ最初の事件」
1973年。女性ジャーナリスト。鎖骨の辺りに彗星型の痣がある。
「ティモシー・キャヴェンデッシュのおぞましい試練」
2012年。老編集長。右足首の辺りに彗星型の痣がある。
「ソンミ451のオリゾン」
2144年。伝説となる労働専用のクローン少女。首の辺りに彗星型の痣がある。
「ノルーシャの渡しとその後のすべて」
2321年。崩壊した文明の羊飼い。後頭部に彗星型の痣がある。

悪人から始まり、世界を救う牛飼いへと善根を継ぎ魂が新化していく。
歴史、ヒューマンドラマ、SF、アクション、ミステリー、ラブストーリーとジャンルを越境する。
『火の鳥』の壮大さを持つ圧倒的な重厚感。


ネオ・ソウルのソンミて美人じゃないね。
あと山頂の発信施設が蓮華の花だった?のかな。


【BOOK】 原作読んでみたい。

人型ロボット”ロビ”がバカ売れして重版〜

「人型ロボット”ロビ”がバカ売れして重版〜」

週刊「ロビ」。デアゴスティーニ・ジャパンが出版

「ただいま。今日は部長に叱られてまいったよ」と帰ってくると、「お仕事ご苦労さま。肩でもお揉みいたしましょうか」などといった会話。

2足歩行+ダンス+言語会話機能付きロボット。
ロボットクリエイター・高橋智隆氏がこのシリーズのために設計、デザインをしたロボットで、完成までには全70号のマガジン購入が必要となる。「ロビ」の場合は総額で13万7310円になる。

昔発売されたAIBOが約25万だった。プログラムのカスタマイズはできるのかな?

創刊号 790円
2〜70号 1,990円× 69冊= 13,7310円
バインダー 1,290円× 3冊= 3,870円
総額 14,1970円らしい。合併号も含んでる?

定期購読申し込まないと無理だな…。
フィギアもぬいぐるみも買ったことないんで、買わないけどね。

日本SF作家クラブは、3月5日に50年を迎えた!!

日本SF作家クラブは、本年3月5日に50年を迎える!!

以下引用

『日本SF作家クラブは、1963年3月5日に11名の作家・評論家・編集者により発足いたしました。現在は230名以上のプロ作家、アーティスト、評論家、編集者などが集う、日本随一のSF&ファンタジー親睦団体に育っています。』

去年から日本SF作家クラブ50周年記念プロジェクトが目白押しだったのか。

現在は、丸善とジュンク堂書店SFブックミュージアム!が開催中。

SF&ファンタジーのSFは映画が全盛で、本はファンタジーのほうが優勢ですね。
日本ファンタジー賞はバラエティーに富んでいる感がある。
このサイトも、サイトを作ることによって、SFの歴史を振り返り、もう一回再学習するという事だった。
小松左京や星新一、手塚治虫や石森章太郎もなくなった。

最近ワクワクして読んだのがSFではなく もしドラだったw
たぶん頭が映像脳になったのかもしれない。映画は面白い。
だが、ハリウッドのSF映画は、SFアクションものが多く、観終わってもワクワクするあの感動はないね。

日本ファンタジーノベル大賞や日本ホラー小説大賞からは鈴木光司、瀬名秀明など、
SF作家やSF的要素を含む作品を書く作家たちがデビューした。
『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞最年少受賞を果たした冲方丁など。
円城塔が「道化師の蝶」(2012)で芥川賞を受賞ていうのが最大のイベントか。

小松左京のSFセミナー1982年を見ると、
『日本のSFは、サイエンスフィクションであり続ける欧米SFとは違う、まさに「日本SF」といえるものに育ってきた。』とあるように独自の生態系を持っている。
一神教的リニアな欧米と、多神教的な日本なのかな。
好きな作家や、作品を見つければいい時代なのかもしれない。その分、自分の目利きが重要になってきている。

現在は映画は見るけど本は読まなくなった。グレッグイーガンとか買ってはみたが、読めない!!

おっと!瀬名秀明氏が日本SF作家クラブ会長職を辞任し退会したって。
パラサイトイヴしか記憶にないが。会長を辞任して、なおかつ、退会って抗議だね。

哲学も美術も衰退してるし、TVもほとんど観なくなった。
ジャンルやカテゴリーにこだわる時代はとっくに過ぎてるね。出口が見えないのはどこも同じだけど。
どっかにワープしたいのは全てに言える。クリエイティブジャンプしたいよーーー

火星に8万人移住構想=スペースX創業者

火星に8万人移住構想=スペースX創業者

 

宇宙開発・天文ニュース専門サイト「スペース・コム」などは28日までに、米宇宙開発企業「スペースX」の創業者イーロン・マスク氏が、火星に8万人を移住させる構想を抱いていると報じた。

 

当初は10人未満の人員と、作物を栽培するドームの建築資材などを運ぶ。
植民地が自給自足できるようになった段階で、より多くの移住者を送る構想だ。
火星への飛行費用は、1人につき50万ドル(約4100万円)と見積もっている。
当初は10人以内の定住が成功すれば人員の割合を大きくするという。
スペースX社は有人飛行も見据えたドラゴン宇宙船を独自に開発。
今年5月に民間企業として初めて、国際宇宙ステーションへの無人物資補給を成功させた。

 

居住ドーム建設や、食料やエネルギーを確保する基盤整備など、巨額の資金や技術開発が必要で、課題は山積だ。

 

バイオスフィア2はいい実験だったのかもしれない。約2年半で終わったが。

今世紀前半にとりあえず有人基地をつくり、火星開拓労働者確保するのか。

8万人で約3兆円集めたいだけかな。

 

オランダのベンチャー企業は民間火星探査プロジェクト「マーズ・ワン」で今年6月、
今後20年間で地球から20人以上を火星に定住させる計画を発表している。

 

2010年10月にはNASAが二度と地球に帰ってこれない火星植民地プロジェクトを計画中

 

このプロジェクトは火星から地球に帰還するための時間と費用を節約できるだけでなく、
火星での開発を最速で進めることができる合理的なプロジェクトだという。

 


 

■火星をあつかったSF
○小説

 

『火星年代記』ブラッドベリ

 

『レッド・マーズ』 K・S・ロビンソン 1992年
21世紀半ば、厳選した100人の科学者からなる入植者による火星定住から始まり、
果てしなく広がる赤い大地に、彼らは人の住む街を創りあげる。
NASAの最新情報にもとづく最高にリアルな火星SF。

 

○映画

 

『トータルリコール』1990年
フィリップ・K・ディック原作の「追憶売ります」の映画化作品。
“火星には50万年前にエイリアンが作ったリアクターがあり、それを使って酸素を作り出せるが、採掘業者による火星支配の邪魔になるため世間には伏せられている”という事実を知る。地球の植民星として鉱石採掘場となっている火星の支配者を倒すために記憶を取り戻した主人公が活躍する。

 

『レッド・プラネット』2000年
2050年、テラフォーミング中の火星に不時着した6人の宇宙飛行士。
地球帰還脱出ロケットへ急ぐ飛行士達のサバイバルが始まる。

 

『ミッショントゥマーズ』2000年
かつて火星にいた知的生命体の痕跡と人類の遭遇を描いた作品。
第一次探検隊は暗号を解読し巨大なピラミッド状の物体を発見後遭難。
救出するため火星に到着した第二探検隊を不思議な現象が襲う。
古代火星人と地球人のルーツとは。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」公開9日で動員200万人突破

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」公開9日で動員200万人突破。

すごいですね。

「BRAVE HEART 海猿」を1日早く上回る数字だって。
宇多田ヒカルによるテーマソング「桜流し」もすごい。
興行収入約30億ってことですかね。

 

パチンコになって、ファン層が拡大したのも大きいのか。

『“経済効果300億円”ともいわれる社会現象を引き起こしたエヴァは、
庵野が離れていた期間にもパチンコ機種への移植などで新たなファンを増やし、
とてつもなく大きなコンテンツになっていた。』

賛否両論あるが、ストーリーや設定に破綻があるにせよ、世界観はすばらしいので、今後もリメイクされるのかな。

実写SF映画がほとんど作れない邦画は、アニメに頼るしかないのか…