映画『オデッセイ』2月5日(金)公開

映画『オデッセイ』2月5日(金)公開

T0020248q

『グラディエーター』などのリドリー・スコットがメガホンを取り、『ボーン』シリーズなどのマット・デイモンが火星に取り残された宇宙飛行士を演じるSFアドベンチャー。
2030年、宇宙飛行士が「赤い惑星」へと旅をする時代に火星上に取り残された宇宙飛行士。主人公の必死のサバイバルと彼を助けようとするNASAや乗組員たちの奮闘が描かれる。

あらすじ
火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士で植物学者のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も水も通信手段もなく、わずかな食料しかない危機的状況で、ワトニーは4年間生き延びようとする。一方、NASAは世界中から科学者を結集し救出を企て、仲間たちもまた大胆な救出ミッションを敢行しようとしていた。

原作『火星の人』アンディ・ウィアー

2009年から自身のウェブサイトで『火星の人』を連載。2011年にkindleで出版。最低価格の99セントで売りだし発売3ヶ月で3万5000ダウンロードを記録。SF部門の売上げトップ5に躍り出た。その後『オデッセイ』として映画化。

ゼログラビティーの火星板とか言われているが、もうじき始まる火星移住のシミュレーション小説のエピソードという感じもする。
原作ブログから電子書籍がブレイクしたというのも今後のトレンドみたいだな。
ただし、ブログから電子書籍を売るのはプログラマーという経験が大きいな。
そう売れるもんじゃないからな。
ミッション・トゥ・マーズ面白かった。これも観たいな。もう観た人コメ書いてるし。


リンク
→映画『オデッセイ』に登場する、NASAですでに研究されている9つの技術

→オフィシャルサイト


『火星の人』ハヤカワ文庫、小野田和子訳、早川書房、2014年

51qzI1dOI1L

新版 上下

51mQ3XosnZL51Yc10tuNkL