500年の時空に6つの物語が重奏するクラウド アトラス公開中

いま、<人生の謎>が解けようとしている。

映画『クラウド アトラス』公式サイト

ポスター

2004年に発表されたデイヴィッド・ミッチェルのSF小説『クラウド・アトラス』が原作。
マトリックスのウォシャウスキー姉弟とトム・ティクヴァ」のタッグ。

19世紀から24世紀の文明崩壊後までの異なる時代に舞台を置いた6つの物語。
キャストは一人につき複数の人物を演じ、各エピソードにより主役が脇役を演じ脇役が主役を演じるという、複雑な手法が取られる。
過去現在未来に輪廻転生する彗星型の痣(あざ)がある人物。

「アダム・ユーイングの太平洋航海記」
1892年。奴隷船の公証人。胸に彗星型の痣がある。
「セデルゲムからの手紙」
1931年。作曲家志望の青年が『クラウド アトラス六重奏』を生み出す。背骨の辺りに彗星型の痣がある。
「半減記 ルイサ・レイ最初の事件」
1973年。女性ジャーナリスト。鎖骨の辺りに彗星型の痣がある。
「ティモシー・キャヴェンデッシュのおぞましい試練」
2012年。老編集長。右足首の辺りに彗星型の痣がある。
「ソンミ451のオリゾン」
2144年。伝説となる労働専用のクローン少女。首の辺りに彗星型の痣がある。
「ノルーシャの渡しとその後のすべて」
2321年。崩壊した文明の羊飼い。後頭部に彗星型の痣がある。

悪人から始まり、世界を救う牛飼いへと善根を継ぎ魂が新化していく。
歴史、ヒューマンドラマ、SF、アクション、ミステリー、ラブストーリーとジャンルを越境する。
『火の鳥』の壮大さを持つ圧倒的な重厚感。


ネオ・ソウルのソンミて美人じゃないね。
あと山頂の発信施設が蓮華の花だった?のかな。


【BOOK】 原作読んでみたい。

人型ロボット”ロビ”がバカ売れして重版〜

「人型ロボット”ロビ”がバカ売れして重版〜」

週刊「ロビ」。デアゴスティーニ・ジャパンが出版

「ただいま。今日は部長に叱られてまいったよ」と帰ってくると、「お仕事ご苦労さま。肩でもお揉みいたしましょうか」などといった会話。

2足歩行+ダンス+言語会話機能付きロボット。
ロボットクリエイター・高橋智隆氏がこのシリーズのために設計、デザインをしたロボットで、完成までには全70号のマガジン購入が必要となる。「ロビ」の場合は総額で13万7310円になる。

昔発売されたAIBOが約25万だった。プログラムのカスタマイズはできるのかな?

創刊号 790円
2〜70号 1,990円× 69冊= 13,7310円
バインダー 1,290円× 3冊= 3,870円
総額 14,1970円らしい。合併号も含んでる?

定期購読申し込まないと無理だな…。
フィギアもぬいぐるみも買ったことないんで、買わないけどね。

日本SF作家クラブは、3月5日に50年を迎えた!!

日本SF作家クラブは、本年3月5日に50年を迎える!!

以下引用

『日本SF作家クラブは、1963年3月5日に11名の作家・評論家・編集者により発足いたしました。現在は230名以上のプロ作家、アーティスト、評論家、編集者などが集う、日本随一のSF&ファンタジー親睦団体に育っています。』

去年から日本SF作家クラブ50周年記念プロジェクトが目白押しだったのか。

現在は、丸善とジュンク堂書店SFブックミュージアム!が開催中。

SF&ファンタジーのSFは映画が全盛で、本はファンタジーのほうが優勢ですね。
日本ファンタジー賞はバラエティーに富んでいる感がある。
このサイトも、サイトを作ることによって、SFの歴史を振り返り、もう一回再学習するという事だった。
小松左京や星新一、手塚治虫や石森章太郎もなくなった。

最近ワクワクして読んだのがSFではなく もしドラだったw
たぶん頭が映像脳になったのかもしれない。映画は面白い。
だが、ハリウッドのSF映画は、SFアクションものが多く、観終わってもワクワクするあの感動はないね。

日本ファンタジーノベル大賞や日本ホラー小説大賞からは鈴木光司、瀬名秀明など、
SF作家やSF的要素を含む作品を書く作家たちがデビューした。
『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞最年少受賞を果たした冲方丁など。
円城塔が「道化師の蝶」(2012)で芥川賞を受賞ていうのが最大のイベントか。

小松左京のSFセミナー1982年を見ると、
『日本のSFは、サイエンスフィクションであり続ける欧米SFとは違う、まさに「日本SF」といえるものに育ってきた。』とあるように独自の生態系を持っている。
一神教的リニアな欧米と、多神教的な日本なのかな。
好きな作家や、作品を見つければいい時代なのかもしれない。その分、自分の目利きが重要になってきている。

現在は映画は見るけど本は読まなくなった。グレッグイーガンとか買ってはみたが、読めない!!

おっと!瀬名秀明氏が日本SF作家クラブ会長職を辞任し退会したって。
パラサイトイヴしか記憶にないが。会長を辞任して、なおかつ、退会って抗議だね。

哲学も美術も衰退してるし、TVもほとんど観なくなった。
ジャンルやカテゴリーにこだわる時代はとっくに過ぎてるね。出口が見えないのはどこも同じだけど。
どっかにワープしたいのは全てに言える。クリエイティブジャンプしたいよーーー