古典的評論の名著『SFに何ができるか』を読む

『SFに何ができるか』

単行本: 216ページ
出版社: 晶文社 (1972/07)絶版 ジュディス・メリル 浅倉久志訳

【作者略歴】
 1923年生ニューヨーク生まれ。SF編集者・作家、評論家そして政治活動家である。
短編「ママだけが知っている 」でデビュー。日本では1956年より12年間刊行された『年刊SF傑作選』の編者として知られ、また日本SFを英語圏へ積極的に紹介した人間の一人。
1968年、べトナム戦争への反対を契機にアメリカ国籍をすててカナダへ移住。1997年歿

『SFに何ができるか』 目次
ISF—その意味を問う
IISFに何を求めるか
1 ジャンルの拡大—消えゆく境界
2 イギリスSFの現況
3 二人の先駆者
4 ディッシュの「人類皆殺し」
5 J・G・バラード
6 神話と魔法
7 SEXとSF
8 宗教とSF
9 ディック、ディッシュ、ディレーニイ
10 〈鉄の山〉からの報告書
11 ディレーニイとラファティ
12 ジャンルの拘束—消えゆく境界

SF界にその名を轟かすアンソロジスト・評論家のメリル女史によるSF関係のエッセイを日本で独自に編纂したもの。ニューウェイヴ運動の時期に書かれたものだが、SFの可能性について語る部分は現在も古びていない。SFの中核をスペキュレイティヴ・フィクションにあると主張。ただし、40年も経っていること、執筆当時まだ運動の渦中にいたことなどから、批評のタームが準備されていないということは、本中でも言及されている。

『SFに何ができるか』以下おおざっぱな内容

ISF—その意味を問う

「教育的ストーリー」
新しい科学的アイデアを提出するために小説形式を利用した、脚色エッセイないしは仮装論文。(科学的啓蒙小説、変名科学者の作品、教育的科学普及小説など、いわゆるハードSFか?)

「伝道的ストーリー」
人間社会の技術よりも行為に関心を寄せた寓意物語、予言、夢想、警告。
レイ・ブラッドベリーのサイエンス・フィクション、そして20世紀初頭までのユートピアあるいは反ユートピア小説。(風刺・教訓的小説、ガジェットSFか?)

「思弁小説・スペキュレイティブ・フィクション」
宇宙、人類、”現実”に関するなにものかを、客体化〈プロジェクション〉、外挿〈エクストラポレーション〉、類推〈アナログ〉、仮説とその紙上実験、などの手段によって、探求し、発見し、まなびとることを目的とするストーリー。もちろん、考察に値するすべての小説は、それが真理のある一面に到達すること、あるいはそのヴェールを剥ぎとること、を心がけている点で、思弁的だといえる。

現実の仮定上の近似値を検討するために、科学の方法(観察、仮説、実験)を利用する方式。
ある一組の(空想的または独創的)変化を『既知の事実』の共通の背景に導入すること。
作中人物の反応や知覚が、その創作物あるいは作中人物、あるいはその両方についてのなにものか明らかにするような、そうした環境を作りだすこと、でそれをなそうとする方式。

サイエンス・フィクションのエッセンスが存在するのは、この最後の分野である。

IISFに何を求めるか

小論というかエッセイに近い短い考察がある。

1 ジャンルの拡大—消えゆく境界
(カート・ヴォネガット・ジュニアとバラードなど、SFと言う古ぼけたラベルにたいした意味を持たない)
2 イギリスSFの現況
(オールディス、ブラナー、バラード)
3 二人の先駆者
(ボルヘスとジャリ)
4 ディッシュの「人類皆殺し」
(思索家のための小説の乏しい昨今では、読むに値する作品)
5 J・G・バラード
(SFのはじめて生み出した、真の意味で自覚と制御力を持つ文学者。バラードは彼の世界の構築を進めている)
6 神話と魔法(サイエンスフィクションの内外を問わず、シリアスな思弁小説のうち、神話の検討と分析に関心を持つものはしだいに大きな部分を占め始め)
7 SEXとSF
(バーバレラ、山羊の子ジェイルズ、SFが、これまで宇宙飛行や原子力に向けてきた、あの実際的で思弁的で冷静な思考を、対人心理学と性科学の分野に向けるには、時期は十分に熟している)
8 宗教とSF
(今日の宇宙」小説は二種類のものー冒険小説と象徴的思弁とに分かれる。宇宙空間への飛行は、“拡大する意識”の象徴、成長の象徴、そしてなによりも探求の象徴なのだ。それは、神の探求だけでなく、神の意味の探求、そして、人間が神を探求する意味の探求でもある。)
9 ディック、ディッシュ、ディレーニイ
(ディックが書いているものは小説ではなく、コミックスのコンテであり“観念小説”なのだ。)
10〈鉄の山〉からの報告書
(『平和の可能性と望ましさに関する<鉄の山>からの報告書』政治・社会・経済学的SFのエッセンスを、現代SFの最大の容器の一つである、虚構の科学的“報告書”形式の中に圧縮したもの。プロットの不在など、些細なことである。)
11 ディレーニイとラファティ
(ノヴァについて、)
12 ジャンルの拘束—消えゆく境界
(70年代にはいろうとしている今日”SF”とラベルを貼られた奇妙な集魂は、逃避文学になりさがった)

ニュー・ウェーブSF
1960年代後半に世界的に広がっていた反体制運動に強く影響され、「SFは外宇宙より内宇宙をめざすべきだ」というもので、作品的には、J・G・バラードの「結晶世界」1966年やトマス・M・ディッシュ「虚像のエコー」1967、「リスの檻」1966、ブライアン・オールディス「地球の長い午後」1961といったものがある。1970年代に入りニュー・ウェーブSFは使命を終えた。文章表現の洗練に貢献し、様々な制約を打破しSF界に自由と活気をもたらした。

スペキュレイティブ・フィクション
一般に、サイエンス・フィクション、ファンタジー、ホラー、スーパーヒーローもの、ユートピア/ディストピアもの、破滅もの、仮想歴史もの、マジックリアリズムの小説群などが含まれ、関連する映画・ドラマ・演劇・イラストレーションなども含む。

2000年代になると特定のジャンルを包括的に示す便利な用語として、より広義に用いられるように変化する。

●客体化〈プロジェクション〉予想,推定.投影
客観視する。客観的に考えることができるように具体化し、頭の中で操作できる対象として新たな概念を作る。
科学の方法(観察、仮説、実験)を利用する方式。
●外挿〈エクストラポレーション〉既知の資料から未知のことを推測・予測すること。
経済成長率をもとにした国民総生産の予測、出生率、死亡率などからする人ロ規模の予測など。
外挿法。統計予測に用いらていた。過去から現在までのデータを使って、未来を演繹する手法。
未来とは限らず、ある状況を設定する。
『既知の事実』の共通の背景に導入すること。

●類推〈アナログ〉
似ている点をもとにして他の事を推し量ること。
〔論〕〔analogy〕両者の類似性に基づいて、ある特殊の事物から他の特殊の事物へと推理を及ぼすこと。結論は蓋然的である。類比。比論。類比推理。アナロジー。

●仮説とその紙上実験

環境を作りだすこと、でそれをなそうとする方式。

ここで重要なのは“科学の方法(観察、仮説、実験)を利用する”ことだろう。
そうでなければSFたりえないし、『戦争と平和』もSFに含まれることになってしまう。P88/12行

この後、サイバーパンクが興り、SF自体が新たな時代を迎えるのだが、ここはこれまでで。

キックアス2 キタ——(゚∀゚)——!!

キックアス2 キタ——(゚∀゚)——!!

SFじゃないけど、いいよね。

『今回公開された予告編は、ヒット・ガール(クロエ)とキック・アス(アーロン・テイラー=ジョンソン)のトレーニング風景から幕開ける。
前作でも爽快なアクションを見せてくれたヒット・ガールだが、今回もそれは健在。
自らを子ども扱いするキック・アスを「どう?」と言わんばかりにたたきのめす姿はあどけなさを残していながらも、早くも大人の魅力に目覚めており、世界中のファンをキック・アス同様にノックアウトすること間違いなしだ。』

キックアスが公開された時クロエ・グレース・モレッツは11歳だった。
あれから5年が経過したのか。
クロエちゃんいま16だから、まだロリータちゃんだよね?
ちょっと太ったかな?色気が増して、いい感じに仕上がってる。
この映画の主人公はやはり、ヒットガールの超過激キャラだ。背後から双刃の薙刀をブッ刺すシーンは度肝を抜かれた。
この日本アニメからの引用がはまっている。このキャラが出たことで、この映画は成功した。
紫ウィッグのおかっぱで、マスク、まるでバッドマンのようなロビンの女版?
モレッツは5カ月間毎日訓練したそうだ、もちろんアクロバットなシーンは男の子がスタントしたそうだが、存在感があり魅力的なのは間違いない。
2011年キリング・フィールズ 失踪地帯
2011年にはヒューゴの不思議な発明などに出演してた。
予告編にはバイクで疾走するシーンもあって、本人の希望もかなえられたみたいだし、
生き生きしてるな。
夏に公開らしいが、楽しみだ。

MTVで予告編が公開されている。
以下がそうだが、観るには生年月日を入力する必要がある。
◯月◯日19XX年。自己責任でお願いします。

→キックアス公式サイト

人型ロボット”ロビ”がバカ売れして重版〜

「人型ロボット”ロビ”がバカ売れして重版〜」

週刊「ロビ」。デアゴスティーニ・ジャパンが出版

「ただいま。今日は部長に叱られてまいったよ」と帰ってくると、「お仕事ご苦労さま。肩でもお揉みいたしましょうか」などといった会話。

2足歩行+ダンス+言語会話機能付きロボット。
ロボットクリエイター・高橋智隆氏がこのシリーズのために設計、デザインをしたロボットで、完成までには全70号のマガジン購入が必要となる。「ロビ」の場合は総額で13万7310円になる。

昔発売されたAIBOが約25万だった。プログラムのカスタマイズはできるのかな?

創刊号 790円
2〜70号 1,990円× 69冊= 13,7310円
バインダー 1,290円× 3冊= 3,870円
総額 14,1970円らしい。合併号も含んでる?

定期購読申し込まないと無理だな…。
フィギアもぬいぐるみも買ったことないんで、買わないけどね。

日本SF作家クラブは、3月5日に50年を迎えた!!

日本SF作家クラブは、本年3月5日に50年を迎える!!

以下引用

『日本SF作家クラブは、1963年3月5日に11名の作家・評論家・編集者により発足いたしました。現在は230名以上のプロ作家、アーティスト、評論家、編集者などが集う、日本随一のSF&ファンタジー親睦団体に育っています。』

去年から日本SF作家クラブ50周年記念プロジェクトが目白押しだったのか。

現在は、丸善とジュンク堂書店SFブックミュージアム!が開催中。

SF&ファンタジーのSFは映画が全盛で、本はファンタジーのほうが優勢ですね。
日本ファンタジー賞はバラエティーに富んでいる感がある。
このサイトも、サイトを作ることによって、SFの歴史を振り返り、もう一回再学習するという事だった。
小松左京や星新一、手塚治虫や石森章太郎もなくなった。

最近ワクワクして読んだのがSFではなく もしドラだったw
たぶん頭が映像脳になったのかもしれない。映画は面白い。
だが、ハリウッドのSF映画は、SFアクションものが多く、観終わってもワクワクするあの感動はないね。

日本ファンタジーノベル大賞や日本ホラー小説大賞からは鈴木光司、瀬名秀明など、
SF作家やSF的要素を含む作品を書く作家たちがデビューした。
『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞最年少受賞を果たした冲方丁など。
円城塔が「道化師の蝶」(2012)で芥川賞を受賞ていうのが最大のイベントか。

小松左京のSFセミナー1982年を見ると、
『日本のSFは、サイエンスフィクションであり続ける欧米SFとは違う、まさに「日本SF」といえるものに育ってきた。』とあるように独自の生態系を持っている。
一神教的リニアな欧米と、多神教的な日本なのかな。
好きな作家や、作品を見つければいい時代なのかもしれない。その分、自分の目利きが重要になってきている。

現在は映画は見るけど本は読まなくなった。グレッグイーガンとか買ってはみたが、読めない!!

おっと!瀬名秀明氏が日本SF作家クラブ会長職を辞任し退会したって。
パラサイトイヴしか記憶にないが。会長を辞任して、なおかつ、退会って抗議だね。

哲学も美術も衰退してるし、TVもほとんど観なくなった。
ジャンルやカテゴリーにこだわる時代はとっくに過ぎてるね。出口が見えないのはどこも同じだけど。
どっかにワープしたいのは全てに言える。クリエイティブジャンプしたいよーーー

火星に8万人移住構想=スペースX創業者

火星に8万人移住構想=スペースX創業者

 

宇宙開発・天文ニュース専門サイト「スペース・コム」などは28日までに、米宇宙開発企業「スペースX」の創業者イーロン・マスク氏が、火星に8万人を移住させる構想を抱いていると報じた。

 

当初は10人未満の人員と、作物を栽培するドームの建築資材などを運ぶ。
植民地が自給自足できるようになった段階で、より多くの移住者を送る構想だ。
火星への飛行費用は、1人につき50万ドル(約4100万円)と見積もっている。
当初は10人以内の定住が成功すれば人員の割合を大きくするという。
スペースX社は有人飛行も見据えたドラゴン宇宙船を独自に開発。
今年5月に民間企業として初めて、国際宇宙ステーションへの無人物資補給を成功させた。

 

居住ドーム建設や、食料やエネルギーを確保する基盤整備など、巨額の資金や技術開発が必要で、課題は山積だ。

 

バイオスフィア2はいい実験だったのかもしれない。約2年半で終わったが。

今世紀前半にとりあえず有人基地をつくり、火星開拓労働者確保するのか。

8万人で約3兆円集めたいだけかな。

 

オランダのベンチャー企業は民間火星探査プロジェクト「マーズ・ワン」で今年6月、
今後20年間で地球から20人以上を火星に定住させる計画を発表している。

 

2010年10月にはNASAが二度と地球に帰ってこれない火星植民地プロジェクトを計画中

 

このプロジェクトは火星から地球に帰還するための時間と費用を節約できるだけでなく、
火星での開発を最速で進めることができる合理的なプロジェクトだという。

 


 

■火星をあつかったSF
○小説

 

『火星年代記』ブラッドベリ

 

『レッド・マーズ』 K・S・ロビンソン 1992年
21世紀半ば、厳選した100人の科学者からなる入植者による火星定住から始まり、
果てしなく広がる赤い大地に、彼らは人の住む街を創りあげる。
NASAの最新情報にもとづく最高にリアルな火星SF。

 

○映画

 

『トータルリコール』1990年
フィリップ・K・ディック原作の「追憶売ります」の映画化作品。
“火星には50万年前にエイリアンが作ったリアクターがあり、それを使って酸素を作り出せるが、採掘業者による火星支配の邪魔になるため世間には伏せられている”という事実を知る。地球の植民星として鉱石採掘場となっている火星の支配者を倒すために記憶を取り戻した主人公が活躍する。

 

『レッド・プラネット』2000年
2050年、テラフォーミング中の火星に不時着した6人の宇宙飛行士。
地球帰還脱出ロケットへ急ぐ飛行士達のサバイバルが始まる。

 

『ミッショントゥマーズ』2000年
かつて火星にいた知的生命体の痕跡と人類の遭遇を描いた作品。
第一次探検隊は暗号を解読し巨大なピラミッド状の物体を発見後遭難。
救出するため火星に到着した第二探検隊を不思議な現象が襲う。
古代火星人と地球人のルーツとは。